13980 normal 1408517060 5hpna

ワークショップ#31「ワークショップ・シミュレーション」

2014-09-15(月)13:00 - 17:00

大阪中央公会堂 第4会議室

大阪市北区中之島1丁目1番27号

山本政也 Takeyoshi Nishi + 2人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

500円 会場払い
会場費として。

~ワークショップを学んでみませんか~

近年、勉強会やセミナーで、ワークショップを体験する機会が増えて着ました。
ワークショップの素晴らしさを体験し、「自分の会社でも是非実施したい!」と思っても、やり方が分からず、実践できないという方が多いのではないでしょうか。

今回、「ワークショップ・シミュレーション」と題し、参加者の皆様と「アイスブレイクのワークショップ」を通じて企画から実践まで一通りご体験頂けるワークショップをご用意しました。

2006年から通算30回もの様々なワークショップを開催してきた我々PFP関西のノウハウを参加者皆様とシェアしたいと考えております。

具体的なノウハウとは…

  • 人と人の関係を円滑にする「アイスブレイク」の手法
  • ワークショップを滞りなく進めるためのスケジュール作りのノウハウ
  • 参加者の皆様にお伝えすべきことを明確化する「ゴール設定」の考え方
    などなど。

ワークショップに興味がある方は、是非ご参加下さい!

ワークショップの魅力

  • 座学とは異なり、実際に手を動かして学ぶことができる「実践形式」のため、座学以上に多くの事を学ぶ事ができます。
  • 実際に手を動かして学ぶことができるため、即実践で使える可能性が高くなります。
  • 座学では、講師から受講者への一方通行の情報伝達しかありませんが、ワークショップでは参加者同士のコミュニケーションによる双方向の情報伝達が可能になり、意見交換から学習内容の相互補完が可能となります。

本ワークショップで学べるもの

次の内容を実際にご体験頂けます。

  • ワークショップの企画の方法
  • ワークショップのスケジューリング方法
  • ワークショップの実施方法

ワークショップの適用例

ワークショップを学ぶことで、次の場面で活用頂くことができます。

  • 新製品の企画/検討
  • 新人教育における自発性の発揮
  • 問題解決ミーティングおいて、結論を導き出す可能性の向上
  • 効果的なプロジェクト反省会の実施
  • 円滑な業務引き継ぎ

タイムテーブル

  • 13:00 – 13:05 ( 5分)オープニング 諸注意
  • 13:05 – 13:50 (45分)セッション1「PFとは」
  • 13:50 – 14:00 (20分)休憩
  • 14:00 – 14:30 (30分)セッション2「ワークショップの創り方」
  • 14:30 – 16:00 (60分)グループワーク
  • 16:00 – 16:30 (30分)発表
  • 16:30 – 16:50 (20分)ふりかえり、クロージング
  • 16:50 – 17:00 (10分)後片付け/撤収

参加の条件

会社やコミュニティで、ワークショップを開催してみたい方、ワークショップの作り方に興味がある方、ワークショップがどの様なものなのか知りたい方など、ワークショップ作りに興味がある方でしたらどなたでもご参加頂けます。

コミュニティについて
プロジェクトファシリテーションプロジェクト関西

プロジェクトファシリテーションプロジェクト関西

Project Facilitation Project(プロジェクトファシリテーションを推進する会)は、プロジェクトファシリテーションとは何か、またそれをどのように実プロジェクトで実践できるかを考え、業界に普及させていくことを目的としているグループです。

メンバーになる